色というのは活用方法がいくつもある

色には様々な階級があったりすることがあります。例えば紫や赤というのはそれなりに高貴な身分の人が持っていることが多かったので様々なくらい付けの時にその色を上位に置くということが多くなっています。どうしてそんなことがあるのかと言いますとその色を出すための染料が高価であったからと言う事が一つの理由になるわけですが、実際問題として色で人の心を威圧したり、癒したりするというのは割とできるようになっています。それこそ色彩心理学を基にしたカラーセラピーという分野になります。

 

色のパワーというのは意外と侮れないことがありますのでビジネスに使ったり、あるいは自分の気分などを変えるときに使うということが割とできたりしますので知識として身につけておくというのがお勧めできます。これはファッションなどにもいえることです。ファッションの場合は色は自分では特に見えるものではないのですがそれを纏っているという自覚と服の色を見る相手の印象などにも効果的になったりするのです。

色にこだわって生活するメリット

独学でカラーセラピーを勉強したことがあるのですが、気分が落ち込みやすい性格のせいで悩んでいる人におすすめなのが好きな色の物をなるべく多く身につけることです。私は黄色が好きなのですが、毎日黄色の財布を持ち歩くことに決めています。自分の好きな黄色の物を身につけることで、こころが強くなれる気がします。私は今までマイナス思考を改善したくて様々な方法を試してきました。しかし、前向きになれるような効果がある方法を探すことはできなかったです。

 

友人に相談したところ勧められたのが好みの色の物を常に持ち歩くことです。私のお気に入りの色は黄色なのですが、黄色の物を常に持っているだけで気分が良くなるとは思えなかったです。しかし、意識して黄色のアイテムを持つようにしたところ一時的に気持ちが良くなることがありました。自分には効果があったのでこれからも黄色の物を身近に置いて生活しようと考えています。黄色の物を多く使う生活をするようになって感じたのは、以前よりも精神が安定していることが多くなったことです。

薄毛である自分を受け入れる覚悟も必要

髪の毛が薄くなると自分の容姿に自信が持てなくなり、徐々に他人と距離を置き始めるケースが非常に多いですね。

周りの人達の視線が全て自分の頭皮に向けられているのではないかという思い込みも持つようになり、その結果として外出の頻度も減ってしまいがちです。

確かにその気持ちは分からなくもありません。

薄毛であるという事は一種の自信喪失も伴うからです。

ですが、だからと言ってそのような生活スタイルをこの先ずっと続けていくわけにはいきませんよね。

やはりどこかで「薄毛である自分」を受け入れる覚悟も必要になって来るでしょう。

自分自身のコンプレックスと向き合うのは勇気がいりますが、一旦そこを乗り越えてしまえば、今まで薄毛で悩んでいたことが馬鹿馬鹿しいと思えるようになります。

例えるなら、憑き物が落ちたかのような解放感を得られるでしょう。

実際のところ、街中を歩く男性に目を向けてみると、髪の毛の薄い人も一定数見かけるはずです。

そういった人たちは、ある程度薄毛を受け入れているとも言えるでしょう。

必要以上に気にしても仕方のない事が世の中にはたくさんあり、薄毛もそのひとつです。

普段から髪の毛の事ばかり考えていても余分なストレスを感じるだけなので、まずはその段階から脱却する事を目指してみてはいかがでしょうか。

電車で気になる、男性の荒れた肌

朝の満員電車で、帰宅時間の混み合った電車で、ついつい目が行ってしまうのは、ひげ剃り跡が赤くなったような男性の荒れた肌です。
ちょうど、女性と男性の身長ので、男性の首から頬のあたりに目線がいってしまうものです。
白いワイシャツから伸びる首元、頬が美しいと、それだけで清潔感を感じ、全体的なイメージもよくなるものだなあと思うことが度々あり、夫にもスキンケアに気を遣うように言うようになりました。
洗顔後の髭剃りの後に、化粧水を少しつけるだけでも、全然違うのではないでしょうか?
我が家は現在は私用の化粧水を夫と共用していますが、夫と私は肌質も全然違い、夫には少しオイリーなのかもしれません。ほんの少しだけの量を使うようにしているようです。
今では、ドラッグストアにも男性用に作られたスキンケア用品がたくさん並び、自分の肌質にあったものを選ぶことができますし、何より洗顔後のたったひと手間で、清潔感が出せるならば、良いのではないかと思います。

ジェントルマン目指して毎日のスキンケアを

ニキビもなくて頬も触った感じがサラサラなのに、鼻の毛穴が黒くて汚くて気になります。
男性は結構多い気がします。そういう人はだいたい近づくと、皮脂の匂いが強いです。顔はかっこいいのになんか残念でもったいないなぁと思ってしまいます。キスしたくないです。

男性は女性より皮脂の分泌量が多いと思うので、スクラブ入りの洗顔を使ったほうが効果的だと思うし、その後もメンズスキンケア用の化粧水や乳液などできちんと蓋をして、毎日ケアした方がいいと思います。

それから毛穴パックをすると毛穴が余計広がってそこに汚れがたまって、さらに汚くてなってしまうので、専用のオイルやオリーブオイルなどを使って優しくマッサージしたり、綿棒にオイルをたっぷり染み込ませて、くるくるするとけっこう角質が取れます。

あとはシャワーだけでなく、ちゃんと湯船に浸かって汗をかいて、要らないものを出すのも大事です。

若いときは多少のニキビや、毛穴の黒ずみなど許せるかもしれませんが、やはりおじさんは汚い!と思われてしまいます。

なので若いうちから見た目に気を使った方が、ステキなおじさまでいられると思います。

スキンケアは保湿と食べものが大切

家族の髭をそった後の肌が、荒れてカサカサになっているのを見ました。
見かねて、私が使用している化粧水と乳液を塗ってみたら?と勧めてみました。それから、頬全体にニキビができている時があり、気になっています。

肌が固くなっていてゴワついているのも気になります。クワトロボタニコのメンズ化粧水と乳液をプレゼントしました。
日々、肌を石鹸や洗顔料を使用して洗って清潔にし、洗顔後に保湿すればある程度、乾燥肌とニキビ肌は解決すると思います。

男性でも、化粧水や乳液は必要ではないかと思います。それから、食事の偏りが気になっていたので、野菜や食物繊維、ヨーグルト、納豆などの発酵食品を多く摂るようにアドバイスしました。

それから、甘いものの摂りすぎや、スナック菓子の摂取も控えた方が良いと思います。
肌の乾燥には、水分を多めに摂るのも良いと思います。
髭を剃ったり、洗顔後は、化粧水と乳液をつけることをおススメします。
食べ物は、脂っこいスナック菓子や甘いものの食べ過ぎは、肌に悪いので、控えめにするのが良いと思います。
腸内環境を整える発酵食品を摂れば、肌が綺麗になりニキビもなくなります。

イケテル男はきっちりスキンケア男子

バイト先の同僚ですが、顔はとても整っているのですが、鼻の毛穴汚れがとても酷いです。
見本になるような、いちご鼻で毛穴が広がり黒ずんできていました。
見てるとぎゅーっと角栓を押し出したくなります。

よく見ると鼻の横の頬らへんも毛穴がポツポツしているので、広がっていくのも時間の問題かなと思います。とりあえず、毛穴を開いて固まってる角栓を取り除くことからだと思います。

ちゃんと毛穴を開いて、洗顔し、保湿。余りにも酷いので、最初は毛穴を押し出してもいいかもしれないです。
毛穴パックで取ってもいいかもです。

一通り毛穴の詰まりを取ったらあとはひたすら保湿してほしいです。
男性だったら化粧水だけでも毎日洗顔後に使ってみてほしいです。
時間があれば、パックも週1回ぐらいすれば綺麗な毛穴になっていくんじゃないかなと思います。

あんまり角栓を絞り出しすぎると肌がボコボコになりそうなので、ほどほどに。意外と女の人は肌とか見てると思うので、肌のケアちゃんとしてると、きっちりしてる人なんだなと思うし、多少かっこよくなくても、肌が綺麗ってだけで、メンズスキンケアができる男性としてポイントが上がると思います。

男性の普段のお化粧は困ります。

テレビで見る俳優さんはとても肌がきれいな人が多くなりました。
きめが細かく色白で女性の私でも羨ましいほどです。

しかし時々は頬にニキビがずらっと並んでいるような感じの人がいます。
別に若いんだから構わないのですがアップで見たときに膿がしっかり見えるような状態だとそこに神経が集中してしまってストーリーがわからなくなります。
何とかしてあげてほしいと思ってしまうのです。

最近は男性用化粧品で肌の手入れをしている男性が増えているとテレビで見ました。
肌が綺麗なのは女性で七難隠すと言われるように大変得なことです。
きっと大事な場面では清潔感があるほうがうまくいくに違いないのでしょう。

化粧水からクリームくらいなら平気です。
アトピーなどのトラブルがある人もいますからケアのために保湿しているかもしれません。
皮膚科に行かなくても手軽に化粧品でも手入れできるのは女性も同じですから。

何かの番組で若い男性が普段から肌に手入れにお金をかけていてメイクまで
している様子が放送されていました。
これは時と場合を考えないと受け入れられるか心配になります。

やはり素肌で綺麗にお手入れされているのは女性が見ても良い感じがしますから、
是非ニキビ跡が残らないようにお手入れしてほしいです。